医師

突発性難聴に気を付けよう|音が遮断される病

聞こえにくくなったら

看護師

年を重ねるにつれて視力が弱くなるように、聴力も弱くなります。家族とのコミュニケーションをはかるためにも補聴器を利用することをおススメします。補聴器には大きく分けて3つのタイプがありますが、それぞれ一長一短があります。補聴器の販売店の中にはレンタルが可能な販売店もあります。

詳細

耳が聞こえにくい場合

病棟

耳が聞こえにくい場合には、補聴器を取り付けることで、その症状を解消することができますが、一般の人にはなじみのないことですので、選び方も分かりません。まずは、耳鼻科できちんと診断してもらったうえで、実際に購入する場合には、一定期間試せるお店を選ぶことです。

詳細

暮らしを快適にする道具

カウンセリング

音が聞こえにくくなったときに生活を快適にする道具が、補聴器です。さまざまな種類があるため、レンタルを利用するのもおすすめです。購入する前に、自分に合うものを時間をかけて探すことができます。レンタル期間や保証内容は店舗によって異なるので、よくチェックするようにしましょう。

詳細

急に訪れる難聴

耳

この病気の特徴と対処

内耳に何らかの異常が発生して起こるのが突発性難聴で、予兆や前触れもなく、急激に耳の聞こえが悪くなります。徐々に悪化するのではなく、ある時突然、一気に悪くなるのが特徴で、その悪くなったタイミングを克明に記憶しているケースも少なくは有りません。症状は難聴が主ですが、耳が閉塞したような感覚や耳鳴り、目眩を伴う場合もあります。原因は不明で、いろいろな説が存在しますが、特定には至っていません。治療はステロイドが有効とされており、突発性難聴は早めの治療が望ましいので、気づいた段階で耳鼻科の受診を考えましょう。適切な検査と処置が期待できますし、場合によっては突発性難聴と症状がよく似たメニエール病などを特定してくれる可能性もあります。

耳鼻科で早期治療を

突発性難聴は、年間数万人の方が発症するとされており、割と有り触れた病気と捉えることが出来るでしょう。完全に聞こえなくならないことも多いため、軽い不調と判断しすいですが、放っておくと危険です。治療に時間がかかる傾向がある病気なのですが、治療開始が遅れるほど、より、回復が困難となりかねません。もし、突発性難聴に気づいた際には、早めに耳鼻科での診察が望ましいです。この病気を診察できる病院は日本各地に有りますので、インターネットを使うと病院を探す際に役立ちます。希望の条件で検索することが出来ますから、住まいの近くの病院を探すことも可能ですし、治療内容についても調べられます。難聴を専門に扱う病院なども調べられたりしますので、まずは確認してみるといいでしょう。