暮らしを快適にする道具|突発性難聴に気を付けよう|音が遮断される病
医者

突発性難聴に気を付けよう|音が遮断される病

  1. ホーム
  2. 暮らしを快適にする道具

暮らしを快適にする道具

カウンセリング

聞き取りにくくなったら

音が聞き取りにくくなった時、暮らしを快適にする道具が補聴器です。補聴器を利用することで、今まで聞き取りにくかったさまざまな音が聞こえるようになります。補聴器には、聞こえにくさの度合いや耳に付けるタイプによっていろいろな種類があり、簡単に選ぶことは難しいです。耳鼻科などで診断を受け、自分に合ったものを見つけるとよいです。また、病院やメガネ、コンタクトレンズを扱う店舗において補聴器をレンタルすることもできます。レンタルの特徴は、購入する前に、自分に合った補聴器を時間をかけて試すことができるという点です。費用面でも経済的で、失敗した時の無駄な出費を避けられます。初めて利用しようと考えている人にもおすすめです。

破損や紛失に注意

補聴器を利用する際は、自分に合うように調節してもらう必要があります。レンタルの場合も同様です。どんな商品でも調節してもらったうえで使用を開始します。また、レンタル期間や保証内容は、店舗によって異なります。1〜2週間の短期間からレンタルできるものもあれば、最低3カ月の利用が約束など、解約する際の手続きも違うことが多いです。もう少しレンタルしたいという場合も、期間延長ができる場合とできない場合もあります。その他、注意したい点として、レンタル中の破損や紛失してしまった場合です。過失による故障や紛失、盗難が起こった場合、実費や代償金を支払わなければならないことがあります。レンタルする際にはよく確認しておくようにしましょう。